山田 仁 YAMADA, Hitoshi

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2014年7月1日   更新  ]

■准教授 Associate Professor
山田 仁(やまだ ひとし)
イギリス文学、物語論、物語の技法

研究分野

朝方の通勤時に、前日のテレビドラマについて話す学生たちの声が耳に入ってくる。たいていの場合、あらすじを確認し合ったり、どこそこの場面が感動的であったといったドラマの内容にのみ話題は集中しがちである。その反面、役者の演技や物語の展開、それに演出方法などは、なおざりにされる場合が多い。私は後者の問題、つまり物語の形式や方法、それに語りのテクニックに関わる問題を研究している。研究対象としては物語文学全般、とりわけ叙事詩とイギリスの(時にアメリカや非英語圏の)小説を扱う。特に関心のある物語形式は挿話である。ひとつの物語が展開しているさなかに、今ひとつの物語を差し挟む手法が挿話である。古代から現代に至るまで、挿話という手法はさまざまな姿に形を変えながら受け継がれてきた。その変容を跡づけ、各々の形態の構造を分析し、その類似性や差異、そして物語効果を確認することが主要な仕事である。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧下さい。

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics
1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204