松枝 法道 MATSUEDA, Norimichi

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2020年4月1日   更新  ]

■教授 Professor
松枝 法道(まつえだ のりみち)
環境経済学、応用ミクロ経済理論、政治経済学

研究分野

数年前までは、国際環境問題に対する協調的な解決策のあり方についての理論的な考察を中心的に行ってきました。近年は、それに加え、国際貿易と環境政策の関連性、廃棄物処理とリサイクル活動の経済分析、国際通貨同盟における金融政策決定委員会に関する政治経済学的分析など、研究の対象とする分野が徐々に拡がっています。しかし、その基本的な分析ツールはゲーム理論を中心としたミクロ経済学の代表的なものであることに変わりはなく、自らの研究テーマが膨らみつつあることは国内外の研究者と補完的な協力関係を築くことができたという理由に尽きます。今後も一層精力的に共同研究を行い、その研究成果を国際的な学会や学術誌で発表することを通じて、大学の研究面での認知度の向上という点においても微力ながら貢献することができればと願っています。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧ください。

⇒ Private Homepage

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155 関西学院大学 経済学部

School of Economics
1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204