桑原 秀史 KUWAHARA, Hidechika

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2014年9月10日   更新  ]

■教授 Professor
桑原 秀史(くわはら ひでちか)
流通・マーケティング、産業組織、公共経済学

研究分野

日本経済は経済構造への調整が迫られている。こうした認識のもとで、世界および我が国の「流通システム」、「公共料金と行財政改革」さらに「産業組織と技術革新」の現状と課題を、歴史的かつ国際的視座に立ちつつ、理論的・実証的に分析し、将来における経済政策の方向を見通すことを主たるテーマとしている。
私の専門とする「流通システム」、「公共経済学」および「産業組織論」の分野は、一国または複数の国民経済にまたがる経済現象を対象とする、ミクロ・マクロ経済学の応用分野である。そこでは、「独占禁止政策のあり方」「公共料金と競争政策および規制改革のあり方」、「企業間ネットワークと研究開発のあり方」、「流通システムとマーケティングのあり方」「消費者政策のあり方」などが、各国の経済政策の整合性やその効果をめぐって、研究される。著書『公共料金の経済学』『現代マーケティング論』(共に有斐閣)。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧下さい。 

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics
1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204

E-mail​