アドミッションポリシー [経済学部]

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2006年5月27日   更新  ]

本学の理念・教育目的は、「広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、キリスト教主義教育に基づいて人格を陶冶すること」(大学学則)であり、“ M a s t e r y f o r S e r v i c e ( 奉仕のための練達)”というスクールモットーによって象徴されている。経済学部では、本学のこの理念を基礎に、学生が「何を、いかに、何のために学ぶのか」と自ら問いを発し努力するような人物を育成すべく、様々な適性をもった学生を幅広く受け入れることを入学者受け入れの方針としている。