新海 哲哉 SHINKAI, Tetsuya

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2020年4月1日   更新  ]

■教授 Professor
新海 哲哉(しんかい てつや)
プラットフォームビジネス、シェアリング・エコノミーと競争、外国為替リスクと国際寡占

研究分野

応用ミクロ経済学、具体的には産業組織論への理論的アプローチが研究対象分野です。最近は、企業の資金調達行動(株、社債、銀行借入のいずれで投資資金などを調達するか?)や企業支配(社員か株主の誰が企業経営の実質支配権をもっているか?)のあり様が、現実でよくみられる寡占市場において、企業の戦略的競争行動にどう影響を及ぼし、その結果市場でもたらされる帰結(価格や取引量や利潤、消費者の取引利益)をどう変化させるかについて、研究を進めています。また、自動車産業や医薬品産業、家電産業などは別の国に本拠地のある巨大企業数社がそれぞれの国の市場で同時に寡占的競争状態にありますが、これらの企業の研究開発や知的財産権管理などのイノベーション活動が、国際寡占市場競争やその市場取引の帰結にもたらす影響についても理論的に研究をしています。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧下さい。 

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics 1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204