岡田 敏裕 Okada, Toshihiro

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2014年8月28日   更新  ]

■教授 Professor
岡田 敏裕(おかだ としひろ)
研究分野:経済成長、景気循環、オープンマクロ

English Page please go to ->

研究分野

マクロ経済学を専門に研究しています。これまでは、経済成長、国際貿易、消費などに関して理論と実証の両面から研究を行ってきました。現在は景気循環論に関する研究を行っています。経済には景気が良い時期と悪い時期が交互に起こりますが、景気循環論は簡単に言うと、この景気の波が何故またどの様にして発生するのかを解明しようとするものです。マクロ経済学では景気循環を引き起こす原因について代表的な二つの考え方が存在します。一つは、景気循環は主に技術ショックによって引き起こされるという考え方。もう一つは、需要ショック(非技術ショック)を景気循環の主な原因とする考え方です。この二つの考え方のどちらが有力な説であるのかは、マクロ経済学者の間でも意見が分かれるところです。現在は、景気循環を短期的循環と中期的循環に分けて考え、上記の両方の考え方を取り入れた理論モデルの構築と分析を行っています。

 

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧下さい。

 

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics
1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204

Private Homepage