2014.09.24.
「夏季集中課題解決型ワークショップ」成果発表

西宮市×企業×関学経済学部生~もっと暮らしやすい西宮市になるには~

「夏季集中課題解決型ワークショップ」 西宮市の行政課題に挑む

 経済学部にて今年からスタートしたプログラム「夏季集中課題解決型ワークショップ」。
夏休み中に開催される1年生、2年生を対象したプログラムです。
西宮市から出された課題「もっと暮らしやすい西宮市になるには」という課題に対して
社会人視点で解決案をグループで考えていきます。
また、課題を解決していく過程では、大阪ガス、シスメックス、リンク&モチベーションの3社に協力頂きました。

シスメックス株式会社 テクノパークを訪問/2014年9月9日(火)

神戸市西区にあるシスメックス株式会社 テクノパークを訪問。
テクノパークとは、グローバル基準で設計された同社の研究開発拠点。技術者の能力や創造性が十分に生かされるような環境が整えられています。
緑に包まれた公園のような空間や茶室、技術者同士の議論が活発に行われるオープンスペースなどを人事部の皆さんにご案内いただきました。(人事部人事課課長 小国さま、課員 筧さま、生島さま、柴田さま)
会社見学の後は、グループに分かれて、人事部の皆さんにアドバイスをいただきながら
「もっと暮らしやすい西宮市になるには」という課題について討議をすすめました。

グループワークの様子

グループワークの様子

神戸市西区にあるシスメックス株式会社 テクノパーク

神戸市西区にあるシスメックス株式会社テクノパークにて

Sysmex シスメックス株式会社外部サイトへのリンク

最終発表会in西宮市役所東館大ホール/2014年9月19日(金)

学生発表の様子

学生発表の様子

西宮市役所東館大ホールにて、「もっと暮らしやすい西宮市になるには」というテーマでプレゼン発表。発表当日まで、9月3日、5日、9日、16日、19日の5日間で、西宮市をより暮らしやすい街にするための課題解決プランを考えてきました。

19日の最終発表会当日。
シスメックス社、西宮市、リンク&モチベーション社、関学教員と産官学からの審査員を招き、学生たちは緊張した面持ちで、1ケ月間の成果を発表しました。

シスメックス審査

学生たちは、一か月間、グループワークを通じて、異なる価値観の仲間と時にぶつかり合い、意見を戦わせながら課題解決案を作成し、「防災に強い街づくり」「高齢者と若者が一緒に住まうシェアハウス」「学生が市の広報の担い手になる」「空き家を活かしたカフェづくり」など学生の視点を生かした様々な案を発表しました。

1年生、2年生にとっては、企業、社会人と出会う初めての経験となり、それぞれが大きく成長できた夏休みとなりました。