2014.04.15.
「英語コミュニケーション文化」副専攻プログラム(英語MS)募集

「英語コミュニケーション文化」副専攻プログラム(英語MS)

このプログラムは言葉によるコミュニケーションを支える「言語・心理的側面」と「社会・文化的側面」の二つの枠組みを中心としたグローバルスタディーズ科目を履修し、英語圏の文化と英語によるコミュニケーションを総合的に研究しようとするものです。科目の最大の特徴は全クラスがネイティブ教員の英語によって行われることで、“英語を”ではなく“英語で”学び、あたかも海外の大学での授業を体験できるような科目になっています。



※複数分野専攻制〔Multidisciplinary Studies(MS)〕
2014年度より略称をMDSからMSに変更。制度内容の変更はない。
この制度は、他学部や学部以外のセンター等から提供されたプログラムのもと、学部の枠を越えた学問領域を学ぶことによって、幅広い知見と深い専門性を備えた学生を輩出するために設けられている。単なる他学部履修とは異なり一定の体系づけられたプログラムを履修することにより、1つの学部に所属しながら、あたかも2つの学部に所属しているような形で学ぶことができる。プログラムの内容、募集要領等詳細については、入学時に配布している『複数分野専攻制への扉』を参照すること(理工学部を除く)。

チラシ_「英語コミュニケーション文化」副専攻プログラムについて PDFファイル   [ 82.31KB ]PDFリンク

募集期間

2014年5月7日(水)~5月16日(金)16:50まで

募集プログラム

英語コミュニケーション文化

対象学年

第2学年(総合政策・理工・教育学部を除く)

願書配布

所属学部事務室、教務機構事務室
※下記PDFファイルからも願書を出力できます。

複数分野専攻願 PDFファイル   [ 39.04KB ]PDFリンク

提出場所

教務機構事務室

提出書類

①「複数分野専攻願」

②TOEFL500点(iBT61点)以上またはTOEIC600点以上の点数表原本とコピー
(なお、原本は確認後その場で返却します。)

【有効な点数表】いずれも2年間有効
1)公式TOEFLまたはTOEICの点数表原本
2)関西学院大学内で受験したTOEFL-ITPまたはTOEIC-IPの点数表原本
3)本学国際教育協力センターの英語中期留学、英語研修に参加した際、留学先の大学で受験したTOEFL-ITPの点数表原本

※英語インテンシブ・プログラム飛び級コースを履修している者、およびアドバンスト・コース以上の資格認定を受けている者は点数表の提出は不要(ただし、申し込み前に言語教育研究センターで確認を受けること)。

履修許可者発表

2014年7月23日(水) 所属学部掲示板、教学Webにて