2011.12.09.
栗田ゼミが写真展を開催-Xin Chao Project

募金活動をする栗田ゼミの学生たち

栗田ゼミ(研究演習Ⅰ)の学生たちが、“Xin Chao Project(こんにちはプロジェクト)”を計画し、さまざまな企画を予定しています(※Xin Chaoシンチャオとはベトナム語で「こんにちは」という意味)。このプロジェクトの目的は、ベトナムの貧困層の方々が無事に旧正月を迎えるために必要な資金を集め、感謝の気持ちとしてプレゼントすること。

この企画の一つとして、12月5日(月)~9日(金)までの間、大学図書館エントランスホールで、ベトナムの現状を伝える写真展を開催し、募金活動も実施しています。

このプログラムを企画したきっかけは、栗田ゼミの学生たちが今夏、ベトナムのベンチェ省とホアビン省の4つの農村訪問し、貧困状況や労働移動などに関する調査を実施したことから。そこでは「貧困層の方々は旧正月を迎えることすら難しい」という事実があり、また、見ず知らずの栗田ゼミの学生たちに向かって「貧しいあまり大したおもてなしも出来ずに申し訳ない」と謝り涙するおばあさんの姿がありました。「自分たちに何かできる事はないだろうか」と考え、このプロジェクトをはじめました。

“Xin Chao Project(こんにちはプロジェクト)”の今後の予定は以下のとおりです。
■写真展示 12月5日(月)~9日(金)大学図書館エントランスホール
■募金活動 12月5日(月)~9日(金)西宮上ケ原キャンパス内銀座通り
■ベトナム製ストール販売(販売場所等未定)
■チャリティイベント(開催場所等未定)

【栗田ゼミについて】
栗田ゼミでは途上国の発展を経済学的に考える「開発経済学」を学んでいます。今夏、日本学生支援機構平成23年度留学生交流支援制度(ショートステイ、ショートビジット)プログラムの助成を受けて、ベトナムのベンチェ省、ホアビン省を訪問。貧困状況や労働移動などに関する農村調査を行いました(ショートステイ)。一方、ベトナムで農村調査に協力してくれたベトナム人学生たちが、11月8日~13日にかけて日本に来日(ショートビジット)。栗田ゼミの学生たちとともに学びを深めながら、ホームステイ先では日本文化に触れ、大阪・京都・東京などの名所もめぐり、日本を満喫しました。