2011.11.09.
前北海道日本ハムファイターズ社長の藤井氏が講演

講演会の様子(学生に話かける藤井氏)

前北海道日本ハムファイターズ社長で現在近畿大学経営学部経営学科教授の藤井純一氏を招いた経済学部講演会を11月9日(水)に開催しました。テーマは「スポーツビジネス」。

講演では、プロ野球とJリーグの違いやパ・リーグとセ・リーグのビジネスモデルの違い、北海道日本ハムファイターズの地域密着型の経営理念などを紹介。「“Fan Service 1st(すべての活動でファンサービスを優先)”という理念を、選手・フロントが一丸で推進している点が特徴。野球を通じて社会に貢献することで、北海道でより強い存在感を持つことができる」と力強く語った。

また、「ファイターズは戦う集団。常に全力で戦い、最後まであきらめない。常に優勝を争えるチームを目指し、3年に一度は優勝を勝ち取ること」というチーム方針も紹介。そのためのチーム強化方針として、スカウティングと育成の重視や一軍・ファーム・スカウトの三位一体化(全体最適化)、独自開発したシステムのベースボールオペレーションを駆使している点も披露した。

「学生時代はしっかり勉強してほしい。特にアスリートの学生には、経営やマーケティングについて学んでほしい」とメッセージを送った。