2010.12.08.
前田ゼミがプロジェクト研究報告会を開催-12月18日

学生が提案する地域再生への指針

 前田高志教授のゼミ生たち(3年生)が、地域が抱えるさまざまな問題について、これからの社会を担ってゆく若い世代の視点で考え、解決の糸口を探るために、自主的な研究に取り組んでいる。
 このたび、これまでの研究成果を広く多くの方々に聞いてもらうため、研究報告会を開催する。多くの方々の意見を拝聴し今後の研究にいかしていく。

■日時:2010年12月18日(土)14時~17時                     
■場所:西宮大学交流センター・ホール
     (阪急西宮北口駅北隣 ACTA東館6階)
■報告者:関西学院大学経済学部前田高志ゼミナール3年生一同
■プロジェクト研究テーマ(報告順):  
 1 環境と経済の両立は可能か-自動車産業を事例として
 2 地方税制改革-地方消費税で強い財政を
 3 関西広域連合から関西州へ-道州制で拓く関西の未来
 4 イギリス空港民営化の教訓にみる関西3空港の今後のありかた 
 5 市町村合併で何が変わったのか-豊岡市の検証 
 6 まほろば豊岡市の再生-若者視点の地域活性化策

 一般の参加可、無料、問い合わせは、前田研究室( maeda@kwansei.ac.jp )または電話(0798-54-6258)まで。

【チラシ】学生が提案する地域再生への指針[ 662.68KB ]PDFリンク