安田 聡子ゼミ(国際ビジネス)

[ 編集者:商学部・商学研究科       2019年10月1日   更新  ]

◆どのような研究をしていますか◆

安田ゼミ写真

 安田ゼミは国際ビジネスコースのゼミであり、主に「イノベーション」について研究しています。
 「イノベーション」とは新しい知識や製品・サービスが誕生して普及し、私たちの生活や社会を豊かにする現象です。一見難しい印象を持たれる方もいるかもしれませんが、ゼミ活動を通じてしっかりと理解を深めることが出来ます。

◆ゼミ活動の流れ◆

 安田ゼミでは、3年生の春学期に『イノベーション論入門』というテキストを用いてイノベーションについての理解を深めていきます。また、並行してフリートークやディスカッションの時間が設けられており、人前で話す能力や仲間とのコミュニケーション能力を高めることが出来ます。

 3年生の秋学期にはビブリオバトルや、希望者が参加する日経BP主催の「西日本インカレ」があります。ビブリオバトルでは、自分が面白いと思った本を紹介し、相手に興味を持たせることが大事です。プレゼン能力が身についたり、今まで知らなかった興味深い本に出会えるのではないでしょうか。また、西日本インカレでは、企業の方や大学の先生方の前で日頃の研究についてプレゼンをします。貴重なプレゼンの機会を得られると同時に、他大学も合同で参加をするので多くの知識や刺激を得られ、とても良い経験になります。

◆ゼミを選んだ理由◆

 私が安田ゼミを選んだ理由は2点あります。1点目は、「イノベーション」という自分が知らないことを深く学びたかったからです。実際、3年生の春学期のイノベーションの学びを通じて、イノベーションは身近に多くあり日々の生活に影響を与えていることを初めて知りました。
 2点目は、安田先生がとても親身な先生だからです。大学生活においてゼミ活動はとても重要だと思います。だからこそ、ゼミ生に親身になってくれる先生がいることもゼミを選ぶ際の大きなポイントになると思い、以上2点の理由から安田ゼミを志望しました。

執筆者 R.M.(3年生)