西嶋 達人(にしじま たつひと) 助教

[ 編集者:商学部・商学研究科       2020年4月1日   更新  ]

研究分野のキーワード

財務会計、概念フレームワーク、簿記教育

研究内容  

   私の研究分野は会計学です。会計理論はこの半世紀ほどの間に近代会計から現代会計へとドラスティックな変化をしてきました。このように会計が変化をしてきたことに対する本質的な意味がどのようなものなのかを考察しています。現在は、会計理論である概念フレームワークの研究を行っています。国際会計基準審議会(IASB)により開発されている概念フレームワークが、各種会計基準にどのように機能しているのか。IASBから国際財務報告基準(IFRS)として公表されている会計基準を時系列的に分析することによって、それらの基準を支える概念フレームワークがなぜ変化するのか、その本質的意味を明らかにすることを目的として研究しています。
 また、私は長年に渡り、簿記原理や会計学の教育を専門としていました。この経験を活かして、学生たちにわかりやすく説明することを心がけています。大学で初めて簿記や会計学を学ぶ者に対して興味の持てる授業になることを目指します。

2020年度担当授業科目(学部)

簿記基礎、商学演習、ビジネス英書入門

プロフィール・主要研究業績

関西学院大学「研究者データベース」関連ページへのリンク