広告研究会所属学生「MADE IN OSAKA CM AWARDS」にて学生の部 TVCM部門 優秀賞を受賞

[ 編集者:商学部・商学研究科       2017年12月14日   更新  ]

 広告研究会に所属する永野裕太朗さん(3年/社会学部)、伊藤愛理さん(3年/商学部)と法学部2年の学生3名で構成されるグループで製作した作品が「MADE IN OSAKA CM AWARDS」※にて「学生の部 TVCM部門 優秀賞」を受賞し、2017年12月6日(水)にグランフロント大阪 北館ナレッジシアターで受賞作品の上映会と表彰式が行われました。

■受賞部門・作品名
 部門:学生の部 TVCM部門 優秀賞
 作品名:伝わるテレビは「よ○○りテレビ」 (広告主:秒数:讀賣テレビ放送㈱/30)

 ※『MADE IN OSAKA CM AWARDS』とは大阪におけるCMの活性化に寄与する目的で制定され、大阪(関西)のスタッフ中心に企画・制作されたCM作品を募集し、その中から優秀な作品に贈られる賞です。

授賞式

公益社団法人 大阪広告協会 関連ページへのリンク