石淵ゼミ 商品開発コンテストでテーマ優勝、日本マーケティング学会賞を受賞

[ 編集者:商学部・商学研究科       2019年3月8日   更新  ]

 2017年11月25日(土)に立命館大学いばらきキャンパスで「Student Innovation College 2017」(Sカレ2017)の最終プレゼン大会「冬カン」がありました。Sカレとは、マーケティングを学ぶ学生と企業との産学連携・大学横断の商品開発コンテストです。2017年は全国22大学から26ゼミ3年生約400名が、9企業のテーマについて商品企画を行い、競合プレゼンを行いました。
 石淵ゼミ3年生の足立圭佑さん、細川佳笑さん、堀薫さんの3名のチームは、株式会社マイナビの「これから就職活動を控える大学1,2年生が使いたいと思える就職活動コンテンツ」を開発するというテーマに参加しました。中間発表会である「秋カン」では優勝できませんでしたが、最終プレゼン大会「冬カン」で逆転優勝しました。各テーマの優勝チームだけが臨む決勝プレゼン大会では、マーケティングの手法を着実に実行できていることが評価され、Sカレ委員長である石井淳蔵・中内学園流通科学研究所所長・神戸大学名誉教授より日本マーケティング学会賞を授与されました。提案商品は、2018年に商品化されました。

Sカレ 公式サイト 関連ページへのリンク

受賞記事(関西学院大学facebook 12月5日記事) 関連ページへのリンク

企画商品『ポジレコ』 関連ページへのリンク