永田 修一(ながた しゅういち) 准教授

[ 編集者:商学部・商学研究科       2020年3月27日   更新  ]

研究分野のキーワード

統計学、計量経済学、計量ファイナンス

研究内容

   近年の情報技術の発展により、あらゆる種類のデータが蓄積され、それらを入手することも容易になりました。その結果、データがもつ情報を利用してより良い意思決定をしようという行為や発想は、ごく身近なものになりました。私の研究テーマは、データから必要な情報を抽出するための統計理論の構築と、それら理論的な成果を実際のデータ分析、さらには現実の意思決定に役立てることです。例えば最近では、経済や金融に関係するデータについて、それらの将来値の予測や、変動の結果もたらされるリスクを管理・制御する方法を研究しています。
 商学部においては、経済・金融・ビジネスに関連するデータの分析について、理論だけではなくコンピュータで実際に分析する方法を扱う「統計分析論」を担当しています。

2020年度担当授業科目(学部)

商学演習、統計分析論I・II、研究演習I・II

プロフィール・主要研究業績

関西学院大学「研究者データベース」関連ページへのリンク