阿萬 弘行(あまん ひろゆき) 教授

[ 編集者:商学部・商学研究科       2020年3月27日   更新  ]

研究分野のキーワード

金融論、ファイナンス、情報伝達

研究内容

主な研究活動としては、証券市場での価格形成についての計量的な実証分析を専門としています。最近では特に、市場で流通する情報の性質が、どのように株価の変動特性に影響を及ぼしているか、というテーマに取り組んでいます。幅広い意味での企業情報は、直接的な企業自身の情報開示だけでなく、専門的な分析情報 あるいは一般投資家へのマスメディア報道など多岐にわたっています。これら情報の伝達プロセスが、株価のボラティリティや流動性にに及ぼす経済的効果に関心をもっています。
 授業では、主に「金融論」を担当しています。金融に関する話題は、日々のニュース報道で頻繁に取り上げられていますので、講義では、金融理論と現実に起きている出来事を行き来しながら、受講生の金融制度・金融市場への理解が深まるよう努めています。

2020年度担当授業科目(学部)

ファイナンス入門、商学外書購読(英語)、金融論I、ファイナンス特論A(106)【不動産価値論】、研究演習I・II

プロフィール・主要研究業績

関西学院大学「研究者データベース」関連ページへのリンク