川端 基夫(かわばた もとお) 教授

[ 編集者:商学部・商学研究科       2018年3月26日   更新  ]

研究分野のキーワード

国際流通論、アジア市場、企業立地戦略

研究内容

 自動車メーカーや家電メーカーによる生産活動のグローバル展開は、今や常識でしょう。しかし、一方で食品や衣料品などの消費財メーカー、コンビニや100円ショップなどの小売業、牛丼やラーメンなどの外食業も急速にグローバル化してきています。その背景には、日本の人口減少や少子高齢化の進行に伴う国内市場の縮小があります。つまり、日本企業は国内市場での今後の成長に限界を感じており、新たな成長(販売)拠点を海外に求めつつあるのです。ところが、いうまでもなく海外の消費市場は日本とはまったく異なった性質を持つもの(異なった動き方をするもの)ですので、海外市場でのマーケティングは困難を極めています。海外市場の変化のメカニズムをどのように捉えるべきか、どのような市場にどのような戦略やビジネスモデルで臨むべきか、といった課題について研究しています。

2018年度担当授業科目(学部)

マーケティング入門、商学演習、流通システム論、国際流通論、研究演習Ⅰ・Ⅱ

プロフィール・主要研究業績