ネット掲示板

[ 編集者:商学部・商学研究科       2019年6月20日   更新  ]

履修に関するお知らせ

履修関係スケジュール

◇「2019年度 学習と履修の手引き」より抜粋したものを掲載しています。詳しくは手引きを確認してください。

授業時間割

学業成績調査

学業成績の調査を希望する者は、所定期間に商学部事務室に申し出ること。

成績評価は厳密に行われたものであり、安易に依頼しないよう注意すること。
具体的な根拠のない調査依頼は受け付けない。

受付期間については、商学部事務室前の掲示板にて確認すること。
(ただし、卒業予定者は期間が短いので注意すること。)

学業成績調査は成績評価の入力ミス等を確認するための手段であり、担当者に再評価を求めたり交渉したりすることを目的とするものではありません。

試験に関するお知らせ

試験に関する注意事項

授業の出欠について

言語教育科目においては、欠席回数によっては合格評価(60点以上)が得られない科目もあるので、各科目のシラバスにおいて成績評価・基準等について充分な確認をしておくこと。

特に、英語 I・II・III・IV(リーディング) 、英語 I・II・III・IV(コミュニケーション)においては、1学期中に5回以上授業を欠席した者は、単位を修得することができないので注意すること。

病気その他やむを得ない事情で授業を欠席する場合も、特別な取り扱いは行わないので注意すること。ただし、「学校において予防すべき感染症による登校停止」の場合はその限りではない。

中間試験(通年科目の春学期定期試験時に行う試験)を欠席した者の定期試験の成績

中間試験を欠席した者の定期試験の成績は、得点の80%となる。

追試験

受験資格

追試験は、下記理由により定期試験を欠席した者に対し、一定期日に実施する。
ただし、追試験を受けるためには、所定の期日内に追試験の受験願(証明書又は報告書添付)を提出し、本学部の許可を得なければならない。(商学部試験内規)

a. 二親等以内の死亡
b. 本人の病気
c. 試験当日の事故
d. 学校において予防すべき感染症による登校停止
e. 裁判員制度により、候補者として裁判員等選任手続に参加及び裁判員・補充裁判員として職務に従事
f. 公共交通機関の遅延又は運行停止
g. その他

追試験の成績

追試験の成績は得点の80%(※)とする。(商学部試験内規)
 ※ ただし、上記a.d.e.およびf.の場合は100%評価とする。

受験手続き

定期試験を欠席した者は、「追試験受験願」(所定用紙)に必要事項を記入の上、証明書等を添付して必ず期日内に商学部事務室に提出してください。他学部開講科目については各学部にて手続きを行ってください。
 ※ 追試験を行わない科目 : 通年科目の中間試験

提出書類

 1.「追試験受験願」(商学部事務室にて配布)
 2.「診断書・証明書」等
   a. 二親等以内の死亡の場合・・・会葬御礼等
   b. 本人の病気の場合・・・・・・試験当日受験できなかったことを証明する
                    医師の発行する診断書・領収書等
   c. 試験当日の事故の場合・・・・延着証明・事故証明等
   d. 学校において予防すべき感染症による登校停止の場合
                 ・・・学校感染症・登校許可証明書(※)
      ※ 関学保健館のサイトからダウンロードし主治医に記入してもらうこと
   e. 裁判員制度により、候補者として裁判員等選任手続に参加及び裁判員・補充裁判員
      として職務に従事した場合・・・当該事由により試験当日受験できなかったことを
      証明するもの
   f. 公共交通機関の遅延又は運行停止の場合・・・延着証明書等
   g. その他・・・・・・・・・・・証明書等(商学部事務室に相談してください)
 3.「追試験受験申込書」
   証明書自動発行機にて必要金額分の追試験受験申込書を購入する。
   追試験受験料は1科目につき1,000円。ただし、上記d.e.f.の場合は不要。

【2019年度 春学期定期試験】欠席者の手続きについて

春学期定期試験を欠席した者の追試験手続き

1. 受付締切 7月 31日(水)11:30
       ※受付開始は当該試験終了後

2. 受付場所 商学部事務室

3. 追試験受験許可者・時間割発表 8月 1日(木)9:00

4. 追試験実施日 8月 2日(金)・ 5日(月)
         ※定期試験期間中とは時間帯が異なるので注意すること。

5. 他学部開講の科目については、開講学部にて手続きを行うこと

試験における不正行為と態度不良について

試験とは、学習してきた成果を発揮する場であり、その試験においてカンニング等の不正行為をすることは絶対に許されません。不正行為に対しては厳罰をもって臨みます。試験で不正行為を行えば、その代償は大きく、卒業に向けての履修計画が根底から覆ることになります。不正行為を行うことがいかに重大な過ちであるかをよく考え、試験を受験するにあたっては、正々堂々と学習してきた成果を発揮されることを期待します。

リポート提出

提出期間

  春学期 :2019年 7月 1日(月) ~ 2019年 7月15日(月) 16:50まで (締切厳守)

  秋学期 :2019年12月13日(金) ~ 2020年 1月10日(金) 16:50まで (締切厳守)
        ※ ただし、12月24日(火) ~ 1月 5日(日)の事務室閉室期間を除く
 

提出場所

   商学部事務室(予定)

提出に際しての注意事項

 1.商学部事務室受付のリポートは必ず本人が提出すること。
   (グループによる共同作成の場合も、各自が必ず提出すること。)
 2.提出の際には、学生証を提示すること。
 3.提出期日・提出時刻に遅れたリポートは一切受け付けない。
   また、1科目につき1部のみ提出すること。
   1科目につき2部以上提出した場合は、不正行為・態度不良とみなされる場合がある。
 4.一度提出したリポートの返却、内容の確認・変更・追加・差替等は一切認めない。
 5.所定表紙を大学生協で購入、もしくは下記の教務機構事務部のサイトからダウンロードし
   て付けること。
   【表紙のダウンロード先】「リポート表紙フォーム」(関西学院大学教務機構)
   ※ 商学部事務室での表紙の配布は行っていません。
   表紙には、以下の項目をペンで明記すること。
   リポート番号・授業科目名・担当教員・リポート題目・学部・学年・学生番号(8桁)・氏名
 6.上部2ヶ所をホッチキスで留め、リポート受領証(提出場所にて配布)と共に提出するこ
   と。
 7.リポート提出時に受け取った受領証は当該学期の成績発表まで大切に保管すること。
 ★ 商学部開講科目以外の定期試験に代わるリポートの提出については、当該学部・センター
   の規定に従うこと。

剽窃(ひょうせつ)について


リポートや論文を作成する際、他人が書いた文章を「剽窃(ひょうせつ)」することは、絶対にしてはならない行為です。
学生として許されるべき行為ではないのはもちろん、文章の著作者の権利である「著作権」を侵害する違法行為ともなりえます。剽窃は「不正行為」として当該科目の成績、または特に悪質な場合は全科目の成績が無効となる場合がありますので、リポート等作成および提出の際は十分注意してください。

◆「剽窃」とはなにか
他の人によって書かれた論文、概念、文章などの著作(特に、他の人によって書かれた著作)の一部または全部を、あたかも自分自身が書いたものとして使用すること。あるいは、自分が書いたものと読んだ人に誤解を与えるように表記して「使用」すること。
文章全体を写すのではなく、表現を変えたりするなどして他人の文章を自分の意見のように書いたとしても「剽窃」とみなされます。
また、インターネット上のテキストの一部をコピー&ペーストし、表現を変えるなどして自分の意見のように書くことも「剽窃」とみなされます。

◆正しい「引用」をしましょう
リポートや論文の作成のために、他人の文章を用いる場合は必ずそれが引用であることを明記しなければなりません。どこまでが「他社が記述した内容」の紹介で、どこからが「自分の考え」かをはっきりさせることが必要です。また、用いる部分が「主」ではなく、あくまで「従」であること、出典が明記されていることも求められます。
※故意ではなく、不注意で行った場合も「剽窃」に変わりはありません。
決して「剽窃」をおこなわないように十分に気を付けてください。



卒業必要単位数

自身が入学した年に配られた、『学習と履修の手引き─カリキュラム編─』折込みの「商学部教育課程表(※)」に沿って、計画的に履修してください。
 ※ 商学部事務室入口横にも置いています。

卒業確定者発表は3月上旬(9月卒業の場合は9月上旬)に教学Webサービス・掲示板にて行います。
正式な確定発表以前の「卒業必要単位が揃っているか確認してほしい等」の質問は、事務室では一切受け付けていません。

卒業論文

卒業論文について、商学部内規に次のとおり規定されている。

  <商学部内規抜粋>
  研究演習II履修者は、一定期間内に一定の様式により卒業論文を提出しなければならない。
  提出期間・提出様式は「学習と履修の手引き」に従うこと。


上記内規に基づき、2017年度の卒業論文の様式と提出期間を次のとおりとするので、研究演習II履修者は期日を厳守して提出すること。

提出期間

  2019年12月13日(金) ~ 2020年 1月 9日(木) 16:50まで(締切厳守)
        ※ ただし、12月24日(火) ~ 1月 5日(日)の事務室閉室期間を除く

提出場所

   商学部事務室(予定)

卒業論文作成に際しての注意事項

 1.論文作成にあたっては、日本語を使用すること。
 2.A4用紙(40字×25行の書式)にて12枚以上であること。
   手書きの場合は、200字詰論文用紙(原稿用紙は不可)にて60枚以上であること。
   なお、目次、参考文献、注釈は論文枚数に含めない。
 3.本文(目次・参考文献等は除く)下段センターにページ番号を付番すること。

提出に際しての注意事項

 1.学生本人が直接商学部事務室に提出すること。
   (グループによる共同作成の場合も、各自が必ず提出すること。)
   なお、提出の際には、学生証を提示すること。
 2.提出の際には受領証(事務室にて配布)を記入すること。
 3.商学部所定の表紙およびファイルを使用すること(大学生協にて購入)。
 4.一度提出した卒業論文は返却しない。確認・修正も認めない。