履修モデル

[ 編集者:商学部・商学研究科       2010年7月13日   更新  ]

履修モデル

履修モデル1. 主に国際会計を学び、金融界で働く

言語教育科目・基礎科目・その他 専門教育科目
1年生 EnglishI・II
中国語I・II
キリスト教学A・B
国際地域理解入門B
ライフ・デザイン入門
Introduction to International Relations
簿記基礎
会計学基礎
基礎演習A・B
2年生

英語中期留学STL
イギリス・スターリング大学で約4カ月間の集中的な
英語教育プログラムを受け、英語能力の向上を図ります。


EnglishIV
経営学基礎
Introductory Economics
 
異文化間コミュニケーション論
現代国際法
国際政治経済論
経営学A・B
Japanese Business A:Lecture
3年生 EnglishV・VI(LS)
社会システム論基礎
国際会計論
財務報告および企業分析
Japanese Business B:Seminar
アジア会計論
East Asian Economies
Japanese Financial Practices
研究演習I
4年生 企業倫理 北米企業経営
Marketing in the USA
アジアの国際関係
Japanese Corporate Governance
研究演習II
卒業論文

※留学先や履修科目は一例です。

※主な科目のみ掲載しています。

 

科目紹介

企業倫理

企業不祥事が起きると、それまで長年構築してきたその企業の信頼やブランドは、一瞬にして崩壊してしまいます。学術的な側面から企業倫理の重要性を学び、ケーススタディやディスカッションを通じて、モラルセンスを高めます。

 

国際会計論

ヒト・モノ・カネの移動が国境を越えて行われている経済活動の国際化の中では、会計基準の各国間の差異を解決する試みが行われています。それらの相違の背景に関する経済的な分析を行います。

 

財務報告および企業分析

アジア企業および北米企業の財務報告を用いて、企業分析・評価を行う方法を学びます。具体的には、企業評価方法、企業を取り巻く環境分析、財務諸表分析手法、投資におけるリスク・リターン等に関する理解を深めます。

 

▲このページの先頭に戻る

履修モデル2. 主に国際政治を学び、国際ジャーナリストを目指す

言語教育科目・基礎科目・その他 専門教育科目
1年生 EnglishI・II
スペイン語I・II
ChristianityA・B
国際学入門
ライフ・デザイン入門
国際関係論基礎
Introduction to Political Science
Introduction to International Law
基礎演習A・B
2年生 EnglishIII・IV
スペイン語III
国際社会論基礎
多文化共生論
比較対外関係論
カナダの政治と外交
US Foreign Policy
アジアメディア文化論
交換留学
カナダ・トロント大学で、2年生の秋学期から3年生の春学期までの約1年間、主に国際政治についての専門科目を履修します。
3年生 帰国後、トロント大学で修得した単位のうち適当と認められるものを国際学部の単位として認定します。
EnglishV・VI(LS) グローバル・ガバナンス論
国際ジャーナリズム論
朝鮮半島論
International Relations in ASEAN
Research SeminarI
4年生 国際紛争論
コンピュータ演習
International Relations in Europe
国際移民論
映像・演劇文化論
The Media Culture in North America
現代日米関係論
Asia-Pacific Relations
Research SeminarII
Graduation Thesis

※留学先や履修科目は一例です。

※主な科目のみ掲載しています。

 

科目紹介

国際学入門

各学問領域(文化・言語、社会・ガバナンス、経済・経営)の専任教員が、「国際」を切り口として、それぞれの研究分野について、オムニバス方式で授業を行います。これにより国際学の全体像を学びます。

 

カナダの政治と外交

連邦制度と議院内閣制を柱とするカナダ政治制度やカナダ外交の潮流をカバーし、戦後カナダの内政と外交の諸争点についての理解を深めます。特にカナダの歴代首相と連邦総選挙結果に焦点をあてて学びます。

 

The Media Culture in North America

社会生活において、メディアは、何を買うべきか、誰に投票するべきか、いかに生きるべきか、といったことを伝える有力な機関です。メディアの語法、組織、制作上の慣行等について分析や討論を行い、北米のメディア文化を学びます。授業は英語で行います。

 

▲このページの先頭に戻る

履修モデル3. 中国語を本格的に学び、商社で働く

言語教育科目・基礎科目・その他 専門教育科目
1年生 ChineseI・II
英語I・II
キリスト教学A・B
国際地域理解入門A・B
言語構造と意味表現基礎
経済学基礎
基礎演習A・B
2年生

中国語短期留学
中国・蘇州大学で、約1カ月間の集中的な
中国語教育プログラムを受け、中国語能力の向上を図ります。


ChineseIII・IV
哲学・思想基礎
日本経済基礎
経営学基礎

 
表象文化論
文化越境論
国際企業経営論
統計学
国際マーケティング論
経済・経営特別演習
アジア社会論
3年生 ChineseV・VI(LS)
現代国際関係史基礎
環境経済学
経営人類学
北米経済論
対人関係とアジア言語表現比較論
アジア経済論A・B
研究演習I
4年生 ChineseVII・VIII(Presentation) 北米地域論
アジア言語文化論A・B
現代中国史
中国企業経営
研究演習II
卒業論文

※留学先や履修科目は一例です。

※主な科目のみ掲載しています。

 

科目紹介

国際地域理解入門B

各学問領域(文化・言語、社会・ガバナンス、経済・経営)の専門教員が、それぞれの研究アプローチによって、アジア(オセアニアを含む)地域に焦点を当てて、オムニバス方式で授業を行い、国際地域理解の全体像を学びます。

 

経済・経営特別演習

現代の国際社会における企業を取り巻く非常に複雑な諸環境(特に経済的な環境)および企業の対応に関して分析します。企業実務家などをゲストスピーカーに招き、講義担当者との議論を通じて、より理解が深められるようにします。

 

現代中国史

現代中国を理解するために必要な第一歩は、政治史を学ぶことです。1949年の中華人民共和国建国後を中心に20世紀中国の政治史を通観します。また、中華世界の多様性を知るため、台湾、香港の政治史についても触れます。

 

▲このページの先頭に戻る

履修モデル4. 英語力を磨き、英語教員を目指す

言語教育科目・基礎科目・その他 専門教育科目
1年生 EnglishI・II
スペイン語I・II
キリスト教学A・B
国際地域理解入門A
国際学入門
Language and Culture in Japan A
国際関係論基礎
コンピュータ演習
基礎演習A・B
2年生

英語中期留学QUE
カナダ・クィーンズ大学で、約4カ月間の集中的な
英語教育プログラムを受け、英語能力の向上を図ります。

キリスト教と世界
アジア言語文化論A
Intercultural Understanding
Japanese History A
カナダ社会論
EnglishIII
比較文化論基礎
英語学概論
3年生 EnglishV・VI(RW)
Introduction to Applied Linguistics
International Conflicts
英語史
バイリンガリズム
多文化共生論
北米言語文化論
Cultures in the USA
US-Japan Relations
研究演習I
4年生 EnglishVII・VIII(Presentation)
国際社会論基礎
実践英語学特殊講義
グローバル化と言語
日米言語文化比較論
Contemporary Multicultural Societies
Global Governance
研究演習II
卒業論文

※留学先や履修科目は一例です。

※主な科目のみ掲載しています。

※英語教員(中学校一種・高等学校一種)免許状取得には国際学部開講科目のほか教職等資格関連科目の履修が必要です。

※英語教員免許状は申請手続中のため、現時点では取得可能予定です。

 

科目紹介

International Conflicts

2つの世界大戦の教訓を踏まえて、どのような国際社会の構築が図られたのか、戦後処理と平和構築の課題を学びながら、冷戦、地域紛争、民族紛争、テロとの戦争などについて検証し、紛争の予防と解決について考えます。授業は英語で行います。

 

バイリンガリズム

世界の人口の半数以上と言われるバイリンガル・マルチリンガル(複数の言語能力を持ち、それらを用いる人)が、どのようにそれらの言語を習得し、使用しているのか。言語学、心理言語学、社会言語学などの視点から探ります。

 

日米言語文化比較論

アメリカ社会の基盤となっている「自由と平等、公平、正義」に関連することば、多民族・多文化社会、個人主義社会を示すことば等を通じて、アメリカ人の基本的なものの考え方や日米間の言語コミュニケーションについて考えます。