田中 裕幸(たなか ひろゆき) 教授

[ 編集者:商学部・商学研究科       2020年3月27日   更新  ]

研究分野のキーワード

理論言語学、統語論

研究内容

   専門分野は理論言語学(生成文法)で、人間言語の統語論(文の構造)を研究しています。この研究分野の究極的目標は普遍文法(ヒトという種に固有の生得的文法能力)の解明です。この能力があるからこそ、人間の子供ならどの言語であれ複雑で豊かな内容を持つ文法を短期間に、個人差なく習得できると考えられます。しかも様々な言語を適度に抽象的な観点から見てみると、偶然とは思えない類似性があることが分かりますが、この類似性も普遍文法を仮定せずに説明することはできません。
 普遍文法そのものを直接観察することは無理ですが、普遍文法を反映したものとしての個別言語を観察することによって普遍文法の性質を推測することができます。そうした作業の一環として、私は主に格や一致など語の形態と統語論とが関連している現象や、移動などの現象を分析しています。 

2020年度担当授業科目(学部)

英語I・II(リーディング)、教養演習、英作文(特)A・B

プロフィール・主要研究業績

関西学院大学「研究者データベース」関連ページへのリンク