水野 敬三(みずの けいぞう) 教授

[ 編集者:商学部・商学研究科       2020年3月27日   更新  ]

研究分野のキーワード

産業組識、公益事業規制、ゲームの理論

研究内容

   私の研究分野は応用ミクロ経済学で、その中でも産業組織の理論に重点をおいた研究を行っています。最近は特に「公益事業規制の経済分析」を主題として、いくつかの論文を作成しています。公益事業規制に関する具体的な問題としては、公益事業料金の設定方法の検討や公益事業の産業組織あるいは企業組織のデザインの問題などがあります。ミクロ経済理論の応用を中心とした理論的な仕事が多く、分析道具は主としてゲームの理論ですが、動学的最適化の手法や一般均衡分析の応用等も行っています。また、社会公共資本の形成を中心とした公共経済学関係にも興味を示し始めています。

2020年度担当授業科目(学部)

数学基礎B(線形代数)、産業組織論、ゲーム理論、研究演習I・II、ビジネス情報特論B(207)【インセンティブ理論】

プロフィール・主要研究業績

関西学院大学「研究者データベース」関連ページへのリンク

教員のWebサイト

Keizo Mizuno Webサイト関連ページへのリンク