須永努教授が「消費者理解に基づくマーケティング―感覚マーケティングと情報消化モデル―」で日本商業学会学会賞を受賞

[ 編集者:商学部・商学研究科      2019年9月11日   更新  ]

 須永努・商学部教授が5月25日、同志社大学で開催された日本商業学会全国研究大会で学会賞(奨励賞)を受賞しました。この賞は、将来の研究の一層の発展を期待させる会員の業績(著書、共著および論文)に贈られます。

 須永教授の受賞著書(単著)のタイトルは「消費者理解に基づくマーケティング―感覚マーケティングと情報消化モデル―」。色や音楽(BGM)が消費者の購買意思決定へ及ぼす影響に関する実証研究を行い、マーケティングの世界で近年注目が集まっている感覚マーケティングの効果を明らかにしています。消費者行動の本質に基づいたマーケティングを構想して、実務面においても有益な示唆が提示されています。

受賞著書
「消費者理解に基づくマーケティング―感覚マーケティングと情報消化モデル―」有斐閣, 2018年11月