2011.01.06.
2010年度第5回研究部会公開研究会

2010年度第5回研究部会公開研究会の開催について

テーマ:クロスボーダー時代の差別と人権-「アメリカ外交史から見る機動戦士ガンダム」-

開催日時:2011年1月13日(木)午後1時20分~午後3時
開催場所:B号館104号教室

報 告 者:William Ashbaugh氏  Associate Professor of History, SUNY Oneonta
     (ニューヨーク州立大学オネオンタ校歴史学部准教授、外交史)
      フルブライト基金交換教授 (on sabbatical as a Fulbright Lecturer in Japan     
      Teaching U.S. Foreign Relations at Doshisha University and Kwansei Gakuin  
      University)
※英語による講演(日本語で内容を要約します)

コメンテーター:阿部 潔(関西学院大学社会学部教授 メディア論)              
司   会   :田中きく代(関西学院大学文学部教授 アメリカ合衆国史)

<開催趣旨>
 この報告は、30年以上にわたるアニメのガンダムを分析するものです。ガンダムの創造者たちは、平和主義の立場から、第二次世界大戦の記憶、右派ナショナリズム、環境問題、そしてアメリカ合衆国の外交政策などを批判する、極めて魅力的なストーリーを生み出しました。優れたすべてのサイエンス・フィクションと同じく、ガンダムの物語は、何よりもわれわれの過去、現在、そして未来を映し出しているのです。こうした身近なポピュラーカルチャーのテクストに戦後民主主義や人権思想、平和思想がどのように影響をおよぼしているかを、戦後日米関係という視点から検討します。

一般公開・申込不要

お問い合わせ 関西学院大学人権教育研究室
          Tel.  0798-54-6720
          E-mail  masahi@kwansei.ac.jp