2007.07.12.
2007年度第4回研究部会研究会開催について

2007年度第4回研究部会研究会

■日 時: 7月23日(月)午後1時~

■場 所: 吉岡記念館3階 会議室1

■題 目: 「アフリカの現実と人権の理念」

■発題者: 望月 康恵(法学部)
      亀井 伸孝(社会学研究科COE特任准教授)

<開催趣旨>
先日開催されたフィルムセッション「アフリカの現実と人権の理念」では、トーカーの望月先生、亀井先生から出された問題提起を受けて、フロアーを交えた活発な議論が交わされました。議論を通じて、ルワンダでの部族紛争をめぐる「虐殺」が発生した背景として、ラジオ放送が大きな役割を担っていたことへの関心が共有されました。それを受けて今回のフォローアップ会合では、NHKスペシャル『なぜ隣人を殺したか・ルワンダ虐殺と扇動ラジオ放送』を視聴することを通して、現在のアフリカにおけるメディア/言語/民族/政治の複雑な関係について考えます。

■対象: 教員、大学院生