2019年度大学主催春季人権問題講演会(玉木幸則 氏)

日時:
2019年05月17日(金) 11時10分 ~ 2019年05月17日(金) 12時40分
場所:
西宮上ケ原キャンパス B号館204号教室

西宮上ケ原キャンパス開催分

日時:
2019年05月17日(金)11時10分~ 2019年05月17日(金)12時40分
場所:
西宮上ケ原キャンパス B号館204号教室

神戸三田キャンパス開催分

日時:
2019年05月20日(月)13時30分~ 2019年05月20日(月)15時00分
場所:
神戸三田キャンパス II号館201号教室

■総合テーマ: Towards the Realization of Human Rights
         -人権保障の実現を目指して(2015~2019年度)

■講   師: 玉木 幸則 氏
        (社会福祉法人 西宮市社会福祉協議会職員、NHK Eテレ みんなの
         ためのバリアフリーバラエティ「バリバラ」にレギュラー出演中)

■題   目: 「自分らしくいきる
         ~多様性を認めていく中から生まれるフルインクルージョン~」

<講演内容>
 私は、西宮市社会福祉協議会で「相談」に関わる仕事をする傍ら、NHK Eテレで放送されている「みんなのためバリアフリーバラエティー『バリバラ』」に出演しています。番組が始まった当初は、「障害者のための情報バラエティー」と言っていたのですが、「生きづらさ」や「暮らしにくさ」という視点に着目すると、実は、障害のある人に特化した問題ではないということが、見えてきました。
 共生社会の再考がいわれる一方、『合理化』『効率性』『生産性』というような話しが見え隠れするなか、本当に社会から疎外されて、孤立してしまっている人はいないのか。その人が、その人らしく生き続けられていくためには、何を考えていかなければならないのか。
 人が「生まれること」「生きていくこと」「生を終えていくこと」に向き合っていきたいと思います。

<講師紹介>
 1968年、兵庫県姫路市に仮死状態で生まれる。それが原因で脳性麻痺に。4歳そこそこで肢体不自由児療育施設に入所、障害者としての洗礼を浴びる。小中学校は、地元の普通学級で学ぶも、高等学校だけ泣く泣く養護学校へ。日本福祉大学社会福祉学部第Ⅱ部卒業後、自立生活センターメインストリーム協会副代表。2009年より、NHK 教育テレビ「きらっといきる」にレギュラー出演。2013年より、障害者総合相談支援センターにしのみや センター長経て現職。その他 内閣府 障害者政策委員会委員などを務める。


【一般参加可・申込不要・入場無料】

*本講演会では手話通訳・パソコンテイクによる情報保障を予定しています。
 また、録音、録画を行い図書館資料として保存しますのでご活用下さい。

■お問い合わせ
人権教育研究室
TEL 0798-54-6720  E-mail human-rights@ (@以下はkwansei.ac.jp)

2019年度大学主催春季人権問題講演会(玉木幸則氏)[ 812.70KB ]PDFリンク