人権教育研究室(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

人権教育研究室

人権教育研究室の刊行物

人権教育研究室の刊行物

 人権教育研究室は、1975年に部落問題に関する研究会として発足した同和教育研究・プロジェクトチームと並存する形で、大学の人権に関わる教育・研究・啓発推進のための統合的機関として、95年に設置された。
当初は、大学評議会の専門委員会である人権教育委員会の下部組織と位置づけられ目立った活動は見られなかったが、97年の同和教育研究プロジェクト・チームの発展的解消を意図した組織の拡充改組を機に、それらの一部を引き継ぎながら本格的な活動を開始した。

 本研究室は部落問題を軸としながらも、あらゆる差別を「人権」の立場から考えるという視点に立ち、『人権問題資料集』(1988~2008)の発行、『KG人権ブックレット』(1997~)、機関誌『関西学院大学人権研究』(1998~)の発行。
2009年度から『人権問題資料集』をデータ化しホームページに掲載、定例研究会の開催、指定共同研究、人権教育科目の開講、春秋の人権問題講演会の企画、同和教育研究・プロジェクトチーム以来行っている人権関係資料の収集・整備などの活動を通じて、主として大学における人権教育・研究の推進に努めている。