商学部校舎(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

商学部校舎

 1929年の上ケ原キャンパス開設の際に、主として高等商業学部1年生用の別館校舎として建築された。
W.M.ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイルで、鉄筋コンクリート造り一部地下1階を持つ2階建て、建て坪は延べ床面積441坪(約1,455㎡)であった。
大学商経学部開設に伴い、34年この別館を東西に増築し西側にはチャペルを設け、高等商業学部専用校舎とした。
37年には北側に別棟を新築、39年にはチャペルをさらに西側に増築した。
その後、新制大学商学部が設立されるに当たってこの校舎は商学部本館となり、73年、西側チャペルと北側別棟は第4別館に建て替えられた。
現在は教室、チャペル、事務室、学部長室、会議室などを備えている。
99年の改築、2013年の修復工事があるものの、その全容は、ほぼ当時のままである。

【参照】Ⅰ 450-451