生協正門店(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

生協正門店

上ケ原移転時の消費組合

上ケ原移転時の消費組合

 原田の森キャンパスにおいて高等学部商科の学生によって創設された消費組合の活動は、上ケ原キャンパスへの学院移転後も積極的に展開された。
1929年の移転時に建設された30坪(約100㎡)の売店は、その後、消費組合から大学生活協同組合へと組織が変更された後も売店として用いられていたが、84年の学生会館新館の完成によって物販の主たる機能はそちらに移転し、以後、大学生協正門店として用いられた。
建物は小規模ながらスパニッシュ・ミッション・スタイルで、木造モルタル、吹き付けによる壁など、他の校舎群との調和が図られた。
その後、新月池再開発事業のため取り壊され、中央講堂横に新正門店が新設されたが、125周年事業の一貫として中央講堂の建て替えに伴い再び取り壊された。

【参照】Ⅰ 359;Ⅱ 275