成全寮(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

成全寮

 成全寮のルーツは啓明寮と同様、1889年関西学院創立時に建てられた建物2棟のうちの第1校舎兼寄宿舎にさかのぼる。
創立期の関西学院は神学部と普通学部からなり、私塾的環境の中、学生たちは寮生活を営んでいた。
寄宿舎はその後南寮と北寮の2棟となり、南寮が神学部生用の寄宿舎であった。
その意味において啓明寮とともに最も古い歴史と伝統を今日に継承する男子寮である。

 やがて原田の森校地の拡張によって1912年松林の北側に木造2階建ての寮が建設され、神学部生用の寮として「成全寮」と名付けられた。
29年に学院が上ケ原に移転した際、成全寮は、啓名寮、静修寮と共に現在のA・B・C号館付近に、移転前と同じく木造2階建てのきわめて簡素なものとして建設された。
82年には、大学の学生整備充実計画の一貫として、他の男子2寮と共にキャンパス内から上ヶ原六番町に新築移転し、1年生時より全ての寮生が個室を与えられる環境の中、自治寮ながら学年の壁を越えた自由な雰囲気を醸し出しているのが特色である。
また創立時より60年代までは神学部学生寮であったが、今日では一般寮として男子学生に門戸が開かれている。

 現成全寮は、1981年12月竣工、鉄筋コンクリート造り陸屋根4階建て、延べ床面積893.61㎡、設計は日本設計、施工は熊谷組。

【参照】Ⅱ 537