体育会学生本部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

体育会学生本部

 体育会学生本部(以下「本部」)は、最初の本部員が1916年卒となっており、運動総部や体育会として組織される以前の運動部の黎明期から本部としての活動が始まったとされる。
現在の本部は、会計・渉外・企画・庶務および編集の5部で構成され、体育会42部の代表として活動する学生の執行機関である。
本部長は、体育会正会員の代表であり、体育会全般を統括している。
本部が企画する主な行事としては、関西大学との交流戦である総合関関戦(6月)、新人入会式(7月)、体育会全員で年間の覇業団体個人を表彰し称え合う覇業交歓(大学祭開催中の11月)、体育会各部幹部を対象とするリーダーズキャンプ(12月)、新入部員を対象とするフレッシュマンキャンプ(1月)、体育会4年間を通じて活躍した体育会員を称える功労賞授与式(3月)などがある。
また、他大学体育会との協力・連携にも重点を置いて活動している。
その他にも地元地域での清掃活動や東日本大震災募金活動など、社会貢献活動にも体育会として率先して取り組んでいる。

 編集部では体育会機関誌として『関学スポーツ』を年5回発行している。
『関学スポーツ』は2011年に創刊50周年を迎え、現在まで229号(2013年度末現在)を発行している。
さらにはホームページによる関学スポーツや各部試合結果等の発信、体育会卒業アルバムの作成、新入生のための体育会情報誌『インビテーション』の作成も行っており、体育会広報機関としての役割を担っている。