体操部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

体操部

 1946年に山脇義明が中心となって創部。
創部当時から60年ごろまで器械体操に必要な設備や器具も満足になく、YMCAや北野高等学校など阪神間を転々としながら練習した。
そのような苦しい練習環境の中でも54年の第4回西日本学生体操競技選手権大会(インカレ)では高田洋二が常勝の同志社大学の強豪を破り、個人総合優勝を果たした。

 1959年の総合体育館建設の前後から、左海省司、中原邦夫、中里毅、阿部弘、新山定好、菖蒲池弘らがチームを引っ張り、西日本・全日本インカレで上位を占め、同志社大学、関西大学とともに当時の関西をリードした。
その後2部に転落したが、吉川優が西日本インカレで第17、18、19回個人総合3連覇を達成し、67年の第21回全日本インカレでも個人総合優勝を果たした。

 その後は部員不足などが影響し成績も低迷していたが、2004年ごろから徐々に部員数も増え、関西インカレでは男子団体は10年から3位の座を守るなど復活の兆しが見えている。
また、1977年から女子部員が加わり、2005年には森本景子が全日本インカレで個人総合8位に入賞している。

 定期戦には総合関関戦のほかに、創部間もない1948年から半世紀以上続いている早関戦がある。

 なお2011年に部の名称を「器械体操部」から「体操部」に変更した。