第2教授研究館(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

第2教授研究館

(池内記念館)

第2教授研究館

第2教授研究館

 関西学院には、ハミル館、ランバス記念礼拝堂、吉岡記念館など、人名を冠した建物が幾つかある。
経商両学部専用の第2教授研究館もその一つで、建物の一部が商学部の池内信行名誉教授の遺志と遺産によって造られたため、「池内記念館」とも呼ばれる。
この建物は3期に分けて工事がなされた。
まず1957年に日本庭園に面した北側が建設され、次いで73年に南側東(池内記念館)が、そして最後に86年に南側西が完成し、現在の姿になった。
正面玄関が南北2カ所にあるのも、そうした経緯による。
建物全体はロの字型(クオドラングル形式)で中庭を有し、建物内部には100室以上の教員個人研究室のほか、会議室・研究会室などがある。

 1986年4月(最終)竣工。
鉄筋コンクリート造り瓦葺き3階建て、登記面積3,595.17㎡、設計・施工は竹中工務店。

【参照】Ⅱ 540