高中部倉庫棟(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

高中部倉庫棟

高中部倉庫棟

高中部倉庫棟

1959年、関西学院創立70周年記念事業として、理科・図工・音楽の特別教室と4室の普通教室、小礼拝堂をもつ3階建ての中学部Ⅰ号館が当時の中学部本館(現、高中部本部棟)の南側に増築された。
その後、高中部整備充実計画の中で新しく中学部棟が建設されることが決定し、一時は解体することが検討された。
そのような時期の11年に東日本大震災が発生し、各所で危機管理の見直しが行われ、Ⅰ号館は主に高等部・中学部・聖和幼稚園の生徒・園児のための備蓄倉庫として使われることになった。
耐震工事が施され、12年4月から高中部倉庫棟として使用されている。

 1959年5月竣工、鉄筋コンクリート造り、延べ床面積1,275.61㎡、設計・施工は竹中工務店。