啓明寮(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

啓明寮

啓明寮

啓明寮

啓明寮のルーツは成全寮と同様、関西学院創立時の原田の森キャンパスの第1校舎兼寄宿舎にさかのぼる。
寄宿舎はその後南寮と北寮の2棟となり、この内普通学部生の寮であった北寮は1908年に「自修寮」と名称変更した。
自修寮はその後何度か移転することになるが、最初の移転先であった学院に隣接する一軒家が、13年より高等学部生の寮として用いられることになり、「啓明寮」と命名された。
この家屋の老朽化により、16年、啓明寮は木造3階建ての新築寮舎に移転する。

 1929年に学院が上ケ原キャンパスに移転した際、啓明寮は成全寮、静修寮と共に現在のA・B・C号館付近に木造で新築されるが、63年の出火全焼により、当時第4の男子学生寮としてキャンパス内に建築中であった寮を「啓明寮」と名付けて再度移転する。
82年には、大学の「学生施設整備充実計画」の一環として、他の男子2寮とともにキャンパス内から上ケ原六番町に新築移転した。
96年8月に個室増設工事を行い、現在に至る。

 大学紛争のころまでは、体育会系の学生が多い啓明寮はきわめて元気がよく、「バンカラ」な気風を個性にもしており、今日静修寮が継承している「田吾作旅行」は啓明寮がその発祥であった。
現在、啓明寮の定員は72名で4寮の中では最大規模である。
今日も体育会系学生が多いが、規模の大きさゆえに多様な寮生が集まっているのが特色である。

 現啓明寮は、1981年12月竣工、鉄筋コンクリート造り陸屋根4階建て、地下1階、延べ床面積1,503.51㎡、設計は日本設計、施工は大林組。

【参照】Ⅰ 95-96,306-307;Ⅱ 285-286,537