ケージークレセント(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

ケージークレセント

 株式会社ケージークレセントは、1973年5月に関西学院教職員・同窓生・学生の福利厚生に関する事業を行う目的で関西学院同窓会の全額出資(資本金200万円)で設立された。
当初は損害保険代理店として営業を開始し、76年4月には生命保険代理店も始めた。
92年6月には資本金を1,000万円に増資した。
現在は損害保険会社7社・生命保険会社4社の代理店として教職員・同窓生・学生・一般契約者と幅広く保険コンサルタント業務を行っている。
98年12月には損害保険特級代理店資格を取得した。

 1999年10月、関西学院会館の完成に伴い事務所を旧同窓記念会館から関西学院会館へ移転し、保険部・事業部の2部制となる。
事業部は人材派遣業、関西学院会館の清掃・駐車場管理、レストラン「ポプラ」のプリペイドカード発行、教職員・学生へのリモートアクセスサービス加入受付等の業務を行っている。