経済学会(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

経済学会

 1946年4月、旧制大学商経学部は経済学部と名称が変更され、本格的な授業の再開がなされるとともに、学生の間から自治会設立の動きが起こり、5月に経済学会が設立された。
経済学会は、規約の中で「会員ノ学術研究ヲ助成シ併セテ相互ノ親睦ヲ計ル」ことを目的とし、名誉会員を学部長はじめ教員、大学院生、会員を学部生、助成会員を非常勤講師、学部卒業生、旧商経学部卒業生、聴講生とした。
47年に創刊した『ミネルバ』は49年9月に『経友』と名称が変更され、大学紛争によって学会活動が休止される直前の68年まで刊行された。

【参照】Ⅱ 143【文献】『関西学院大学経済学部五十年史』1984