経済学部校舎(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

経済学部校舎

経済学部校舎

経済学部校舎

1929年の上ケ原キャンパス開設の際に、高等商業学部校舎として建築された。
W.M.ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイルで、鉄筋コンクリート造り一部地下1階を持つ2階建て、延べ床面積768坪(約2,534㎡)で、礼拝堂(講堂)、教室、教授研究室、事務室などを備えている。
この建物は、大学設立時には関西学院大学本館としても用いられたが、大学本館が移転するとともに経済学部本館となった。
60年代ごろから地下部分には喫茶室ポプラも設けられていたが、80年代になって営業が行われなくなり、現在では談話室として用いられている。
後93年にエレベータが設置され、女子学生の増加などに対応するため、97年には一部改造が行われた。

 2000年には安部栄造教授の寄付金により、教職員用の談話室「アベ・ルーム」が設置された。

【参照】Ⅰ 450-451