弓道部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

弓道部

 1912年、原田の森の原生林の中に射場が作られた。
これが関西学院弓道部の始まりである。
その後、小沢[ヒロシ、さんずいに廣]が高等商業学部の教員に就任し、17年、部員8名で運動部としての活動が始まる。
当時の戦績は阪神連合競射会4回優勝、近畿連合大会7回優勝。
全国制覇は団体1回、個人3名である。
台湾、中国東北部など2度の海外遠征を行った。
25年の東都遠征では無敵と呼ばれた早稲田大学を破って全勝。
「西の関学」の名前を全国に轟かせた。

 戦後、武道が解禁され、1955年に岡本修一が中心となり同好会として再スタートを切ったが、野天での活動となる。
57年に1部リーグに復帰。
58年にはリーグ優勝、全日本学生王座で準優勝を果たす。
59年に念願の道場が現在の地に完成する。
創部80周年にあたる97年に新道場が建設され、翌年に完成。
そして2011年空調設備を完備した全天候型道場が竣工した。

 戦後の戦績では男子は関西制覇は関西リーグで9回、関西学生選手権では団体3回、個人2名。
関西学生記録会(100射会)では9名。
全日本学生選手権大会等の全国大会で団体3回、個人で14名が日本一を果たしている。
男子は1972年に2部リーグに降格して以来低迷が続いたが、2000年1部リーグに復帰している。

 女子は部員不足もあり、リーグ戦に本格的に参加したのは1979年。
99年に念願の1部リーグに昇格し、2000年に関西リーグ初制覇。
関西学生選手権では団体3回、個人4名。
関西学生記録会(40射会)では7名が関西制覇。
全日本学生選手権では遠的も含め2名が日本一となっている。

 近年では、2010年、全日本学生選手権において女子個人で宮國愛菜が優勝。
13年8月の全日本学生選手権において男子団体が44年ぶりに決勝に進出。
決勝戦で惜しくも敗れたが、準優勝を果たした。

【文献】『弓道部50年の歩み』1968;『弓道部70年の歩み』1988;『関西学院大学体育会弓道部九十周年記念誌』2008