田中義弘(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

田中義弘

たなかよしひろ

明治3〈1870〉.10.2~1930.1.3

田中義弘

田中義弘

旧制中学部長、神学部教授、礼拝主事、南美以神戸教会第5代牧師。
広島に生まれる。
幼名は慎太郎。
大阪に出て第三高等中学校に学ぶ。
広島在住時よりキリスト教に興味を持ち、大阪でも教会に出席、病を得て広島に帰った後、1887年、J.W.ランバスより受洗。
翌88年、伝道者となるべく東京のフィランデル・スミス・メソヂスト一致神学校に入学、翌89年より2年間、創立されたばかりの関西学院神学部で学び、91年、神学部第1回卒業生となる。
その後、当時の制度であった勧士ならびに地方伝道者の免許を得て、南美以広島中央教会堂補助伝道者に就任。
93年、南美以神戸教会最初の日本人牧師に就任。
以降、大阪東部美以教会、松山教会を経て、1902年、広島で高等英学院を設立、翌03年、広島女学院牧師兼教師、04年、山口教会牧師、05年、京都中央メソヂスト教会牧師を歴任後、11年、関西学院神学校教授(説教学、牧会学)ならびに礼拝主事に就任。
20年4月以降、中学部長を務めたが、在任中に急逝した。

【参照】Ⅰ 145,281,418【文献】『神戸栄光教会70年史』1958;『神戸栄光教会百年史』2005;『関西学院史紀要』(16)2010