男女共同参画推進本部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

男女共同参画推進本部

 2010年度から12年度までの間、大学において文部科学省科学技術人材育成費補助金「女性研究者研究活動補助事業(女性研究者支援モデル育成)」を申請し「Mastery for Serviceに基づく女性研究支援」が採択された。
12年11月には「関西学院大学男女共同参画宣言」を学長名で公表し、さらに同年12月には関西大学、同志社大学、立命館大学の各学長名で「男女共同参画推進のための四大学共同宣言」を出した。
同事業の実施に際し、男女共同参画推進支援室が設置され、事業の推進が図られた。
同事業が終了した13年度からは関西学院全体を対象とする「男女共同参画推進本部」へと組織を改め、学院における男女共同参画の発展・継続を目指すことになった。
推進本部の事務局は人事部人事課が担当している。