カヌー部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

カヌー部

 1958年、関学カヌーは西宮香枦園浜スカルハウスに産声を上げ、オリンピック選手を送り出すという壮大な夢を持ってスタート、関西の大学カヌー発足第1号として脚光を浴びる。
60年の日本選手権に坂根徹・阪本宗三郎組が初出場初優勝、65年の第1回全日本学生選手権大会では総合初優勝。
東京オリンピック候補選手の古沢正男をはじめ、部員は学生クルーの雄として君臨する。
67年までに体育会傘下カヌークラブとして全国制覇個人11種目、団体制覇2回を成し遂げ、68年に念願の部昇格を果たした。
世界選手権には74年に尾崎茂夫・柏原基継、75年に尾崎、99年に丸山一馬、2002年に丸山良平が選ばれ、日本の代表として活躍する。
これまでの戦績は、全日本学生選手権団体制覇12回(男子9回・女子3回)、関西学生選手権団体制覇18回(男子15回・女子3回)である。

【文献】『関西学院大学体育会カヌー部創設50周年記念誌』2008