地理研究会(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

地理研究会

 1964年、大島襄二文学部教授の呼びかけで希望者を募り高知県柏島の調査を実施。
これを契機に65年、離島の生活、諸問題の実地調査を目的とする研究会が設立された。
設立以後、主に西日本の離島を中心に、夏季に約1週間実地調査を行い、その成果を1冊の報告書に作成。
当初は1年に二つの離島を調査していたが、74年からは調査地を一つに絞って行っている。

 現在、離島の産業、生活、民俗の三つの観点から聞き取りを中心に調査を行い、島の暮らしを肌で感じ、島民の持つ問題を共に考えようとしている。