仁川(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

仁川

 宝塚市南部、武庫川支流の仁川を中心とした阪急電鉄今津線仁川駅を中心とする一帯で、武庫川合流部に堆積された土砂によって形成された台地である。
この地域は今津線が開通するまではほとんど開発されなかったが、1921年仁川駅の設置以後、仁川両岸を中心とした仁川住宅地が形成され、65年以後は山腹の緩斜面地にも住宅が広げられた。
終戦前の仁川周辺や関西学院の風景は、遠藤周作の『黄色い人』(初出:『群像』10(11)1955)などの作品にも登場している。