バドミントン部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

バドミントン部

 1949年度第4回国民体育大会のバドミントンオープン競技に兵庫県代表として参加した大圃秀生、坂崎洋太郎が中心に創部の働きかけを行い、50年6月に同好会を結成。
初代部長は原田脩一教授。
また大圃は関西学生バドミントン連盟の設立に参加、初代副委員長を務めた(現在までに6期5名の委員長を輩出)。
関西学生選手権のシングルスでは、坂崎(1950)、武田一徳(1954)、久保川正啓(1963)、橋本元二(1964)、加藤彰(1965)、山田(現姓長井)伸子(1967)、周艶(2005、06 の2連覇)、久枝ゆい(2010)、ダブルスでは、大圃・坂崎(1950)、武田・三毛淳祐(1954)、橋本元二・加藤彰(1964)が優勝している。
また、西日本学生選手権においても久保川(1962)、加藤(1965)、山下貴士(2010)、久枝(2010)がシングルスで優勝、湊谷富夫・小田謙二(1967)、村岡尚実・鈴木智子(2011)、若田美沙・樋口亜依美(2013)がダブルスで優勝している。
関西学生リーグでは、男子が63年春季に優勝した。
その後男女とも3部リーグ以下に低迷していたが、男子は99年秋季リーグにおいて4期ぶりに2部リーグに復帰、また2008年には男女ともに1部に昇格。
創立60周年を迎えた10年に女子が優勝を果たし、13年には全日本学生選手権で女子団体でベスト4に入るなど日々前進し続けている。

【文献】『関西学院大学体育会バドミントン部創立50周年』1999;『関西学院大学体育会バドミントン部創立60周年』2010