法人部校友課(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

法人部校友課

 校友課は、1989年関西学院創立100周年記念事業実施の過程で得た貴重な体験やその反省をもとに、財務部募金課を発展的に改組して91年に総務部に新設された。
その後、2005年に法人部校友課と改組された。
次の5つの業務を担当している。

 同窓生や同窓会本部、支部、同窓の各種団体と法人・大学との窓口業務としての校友業務では、同窓会支部や各種団体の総会開催に協力したり関西学院の現況等を各支部に報告したりして、同窓生からの要望に応えている。
募金業務においては、初等部・中学部・高等部・短期大学・大学の保証人を主な対象として恒常的な募金活動を展開している関西学院教育振興会の事務局業務、および同窓生・教職員・法人・一般からの寄付に関わる業務を行っている。

 さらに、関西学院大学各学部および短期大学・高等部・中学部・千里国際中等部・高等部・初等部の学生・生徒・児童の保証人・保護者を会員とし、学院の教育目的の達成を後援するためにつくられた関西学院後援会に関わる業務、1999年に開館した関西学院会館の全般的な管理・運営業務、そして創立周年記念事業・創立周年記念事業募金関係(創立111周年、創立125周年時)の事務局業務も行っている。