法人部秘書課(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

法人部秘書課

 関西学院の業務に初めて「秘書」の名称が用いられたのは1958年、庶務課の秘書室担当書記である。
69年に秘書室担当書記が廃止され、理事会事務室が設置された。
これは大学紛争の解決に向けて機能強化を図るためであり、3年後の72年に学院秘書室と改称され、81年に秘書室となった。
2004年に秘書室を「法人部」に名称変更して秘書課と法人課を設置し、現在に至っている。

 秘書課の業務は、理事長、院長、常務理事、常任理事などのスケジュール管理や文書管理などが業務である。
もう一つの大きな業務に、理事会や評議員会などの事務局としての役割がある。
また、寄附行為の管理、例規集の編集、ランバス留学基金委員会、国際交流基金委員会および特別図書購入基金委員会の事務局などを担当している。