ガーナー,M.V.(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

ガーナー,M.V.

Garner, Mary Virginia

1874.7.7~1957.12.14

ガーナー,M.V.

ガーナー,M.V.

普通学部教員。
アメリカ・南メソヂスト監督教会宣教師。
アメリカ・アーカンソー州オースチンに生まれる。
アーカンソー州にあるメソヂスト系ギャロウェイ大学、ヴァンダビルト大学で学び、シカゴ大学の大学院でM.A.を取得して、1904年から09年まで関西学院の婦人宣教師として英文学を講じた。
08年、無試験資格で中学校教員免許を取得。
アメリカ・南メソヂスト監督教会とカナダ・メソヂスト教会との合同経営に際して、アメリカ・南メソヂスト監督教会から合同教育全権委員会に推薦された4名のうちの一人。
高等学部創設計画の中にジャーナリズム部門を計画していたためと思われるがガーナーは何らかの事情で委員に就任しなかった。
帰国後、アラバマ女子大学で英語やジャーナリズムの教授として働き、同大学でジャーナリズム学科の創設に当たった。
アメリカ・ジャーナリズム教師協会に加入した最初の女性の一人であり、2度同協会の副会長を務めた。

【参照】Ⅰ 141,260,316,327【文献】『関西学報』(19)1914