南メソヂスト監督教会(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

南メソヂスト監督教会

Methodist Episcopal Church,South(MECS)

 アメリカ・南メソヂスト監督教会は、1885年にジャパン・ミッションの開設を再決議し、翌86年7月にミッション活動を開始した。
明治時代の在日教会の公称は「南美以教会」で、近畿全域、山陽道(広島、山口)から九州、四国一円を伝道圏とし、関西学院のほか、パルモア学院、広島女学院の母体である広島英和女学校、聖和大学の前身の一つランバス記念伝道女学校などの創設・拡充にかかわった。
86年に創立された南美以神戸教会(現、神戸栄光教会)は、南メソヂスト監督教会最初の伝道拠点で、関西学院の母教会でもある。

 1845年、北米のメソヂスト監督教会と南メソヂスト監督教会は奴隷制問題をめぐる対立から分裂したが、1939年に再合同し、さらに68年のテキサス州ダラスでの合同総会で他のメソジスト諸教会とも一体化し、今日の合同メソジスト教会(United Methodist Church)を形づくっている。

【参照】Ⅰ 35-37