A・B・C号館(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

A・B・C号館

A・B・C号館

A・B・C号館

 上ケ原キャンパスでは戦後に建てられた別館棟の名称には、第1別館~第5別館のように数字が付されたが、成全寮、静修寮、寮食堂、啓明寮の跡地に新たに建てられた講義棟の名称には、A号館・B号館・C号館のようにアルファベットが付されている。
A・B・C号館はいずれも創立100周年にあたる1989年に完成した。
取り壊された別館と比べれば、A・B・C号館には、快適さの向上、AV機器の充実、建物の高層化など、機能・設備・建築の各方面で大きな発展が見られる。
A号館は法学部準専用棟、B号館は全学部共用棟、C号館は経済学部準専用棟である。
またA・B・C号館、法学部校舎、大学図書館によって囲まれたオープンスペースの景観は、中央芝生を中心としたランドスケープに比肩するものといえよう。

 1989年4月竣工。
A号館は鉄筋コンクリート造り陸屋根地下1階付き5階建て、延べ床面積3,427.16㎡。
B号館は鉄骨(一部)鉄筋コンクリート造り陸屋根地下1階付き4階建て、延べ床面積6,820.38㎡、C号館は鉄筋コンクリート造り陸屋根地下1階付き5階建て、延べ床面積3,210.87㎡。
設計は日本設計、施工は竹中工務店。

【参照】Ⅱ 539